株式会社テンヨオ
第431010010583号/
埼玉県公安委員会 古物商許可証

〒336-0027
埼玉県さいたま市南区沼影 1-4-14 ラ・アミスタ 503号
武蔵浦和駅からの案内図
お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。
平日 11:00~19:00
0120-33-5679
※火曜日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承下さい。

浦和レッズ

« 着物のお直しのはなし | メイン | 羽織・コートのお直しのはなし »

家紋のお直しのはなし


「留袖や訪問着、色無地などの家紋の入った着物をリサイクルで買いたいけれど、紋が違うので入れなおしたい・・・」というご希望は良くあることだと思います。
しかし、家紋の入れ替えにはリスクを伴う場合がありますのでちょっと注意が必要です。

縫い紋の着物の場合は簡単に縫い直すことができますが、染め紋の場合は一度入っている紋を抜く必要があります。この場合強い薬剤が使われますので薄い生地や古い生地などは堪えられない場合があります。ぜひプロにご相談の上ご決断なさったほうがよろしいかと存じます。

また、黒留袖や喪服のような黒地の着物の場合には「貼り付け紋」という手法があります。
一般の貸衣装などで行う「貼り紋」とは異なり、地の色も着物の色に近い物を選び、紋の周りをきっちりと着物に縫い付け、また背縫いの縫込みにも着物と同じように縫いこむのでちょっと見にはほとんど分からないように仕上がります。そのため、「貼り付け紋」には少々お金も掛かります。(ただ、丸の付いた紋でないと綺麗には仕上がりませんのでご注意ください)


家紋に対する考え方は地方によって本当にさまざまです。
ご実家であつらえてくださったものにはご実家の紋、婚家で買っていただいたものには婚家の紋が入るというのが一般的な考え方ですが、西日本では女性は女紋を使うのが常識という地方もありますし、北日本のある地方では結婚時にすべて婚家の紋に入れ替えるという風習のある地方もあるようです。(このような場合離婚したらいったいどうなるんでしょうね?それとも離婚防止策??)

しかしお母様やお婆様などのお下がりの着物をいただけば、お母様のご実家の紋やお婆様のご実家の紋が入った着物を着ることもあるのですから、考えようによっては女性の場合二つや三つの紋を使っていてもOKかもしれません。
お住まいの地域の風習にお詳しい方にご相談になってから考えるというのも一つの手だと思いますよ。
結婚式などでご親戚から「あら、お宅の紋、これだったかしら?」などと指摘された場合は「母の実家の紋なんです~♪」などとさらりとかわすのはいかがでしょうか?




タンスに眠っているあなたのお着物を天陽にお売りください。

もう着なくなってしまったあなたの大事なお着物を

待っていらっしゃる方がいます…

天陽のきもの買い取りをご利用ください。


着物買い取りの流れはこちら


きもの買い取り希望のかたは フリーダイヤル 0120-33-5679

日時: 2007年12月14日 10:56 |着物のお直しのはなし

リサイクルきもの 天陽が贈る新商品/人気商品

店長おすすめ★コーディネートセット★

★店長おすすめ★
コーディネートセット

■価格  10,000円~
(税込 10,800円~)
■送料別
詳しくはこちら

 羽織もの特集

★羽織もの特集★
羽織&道行&コートetc

■価格  1,000円~
(税込 1,080円~)
■送料別
詳しくはこちら

高級 美濃和紙"

★高級 美濃和紙★
着物用・帯用 組み合わせ自由♪

■価格  1,850円~
(税込 1,998円~)
■送料別
詳しくはこちら

踊り用衣装

踊り用衣装 
踊り用の着物や帯が続々入荷中!

■価格  2,000円
(税込 2,160円)
■送料別
詳しくはこちら

最大80%OFF!★特売セールコーナー★

最大80%OFF!
★特売セールコーナー★

■価格  2,000円~
(税込 2,160円~)
■送料別
詳しくはこちら

フルセットレンタルタル訪問着

フルセット
フルセットレンタルタル訪問着

■価格  18,000円~
(税込 19,440 円~)
■送料別
詳しくはこちら